便秘の治し方 > 直腸性便秘の症状

直腸性便秘の症状

直腸性便秘の症状は、便が出にくくなるというのが症状です。トイレに行って力んでも、なかなか便が排出されにくくなります。やっと出てきた便は、カチコチのとても硬い便です。 

便意を感じたのに、トイレに行かずにいると、やがて直腸性便秘になります。これは便意をガマンしたために、直腸が鈍感になってしまうことが原因です。便が溜まっていても、そして直腸まで下りてきていても、便意を感じにくくなります。 

直腸性便秘は、単に便が出にくくなるだけではありません。症状が悪化すると、痔を発症してしまったり、体臭がきつくなりやすくなります。ひどい場合は大腸がんの原因にもなってしまう恐ろしい便秘です。 

正しい排便習慣を取り戻し、症状を改善させることが大切です。水分と食物繊維を十分に取り、便を柔らかくしましょう。直腸性便秘の便は、水分がなくなったカチカチの状態です。水分をもっと補給し、食物繊維により便通を改善させる必要があります。 

腸内環境が乱れていると、食べ物が胃から腸に、そして腸から肛門へと移動しにくくなります。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を正常化させることも、症状の改善に役立ちます。 

直腸性便秘になって、便が出にくくなったからと言って、浣腸を使うのはいけません。便秘薬を飲むのもおすすめできません。薬で強い刺激を与え続けていると、直腸の神経がますます働かなくなってしまうためです。強制的に便を出すのではなく、正しい排便習慣を取り戻すよう、心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv