便秘の治し方 > 直腸性便秘

直腸性便秘

直腸性便秘は便意があるのに排便をガマンしすぎることにより、引き起こされる症状です。「便をガマンしていると、出にくくなる」というのは、よく言われることです。これは、直腸性便秘を指しています。直腸性便秘になると、直腸のところまで便が下りてきているのに、肛門からなかなか出なくなります。便をガマンすると、直腸が鈍感になります。このため、便が溜まっていても、便意を感じにくくなってしまうのです。 

腸の中に便が長くとどまっていると、水分がなくなって、硬くなってしまいます。ですから、直腸性便秘の人の便は、カチカチでとても固いです。 

直腸性便秘の場合、浣腸や便秘薬を使用しても、あまり利点がありません。これらの薬は直腸に強い刺激を与え、排便を促すものです。しかし、過度な刺激により、直腸の神経がますます反応しにくくなってしまいます。この症状は、悪化すると痔を発症したり、体臭がきつくなりがちです。大腸がんを誘発する危険性もあります。なんとしても改善しておきたいものです。 

直腸性便秘で大切なのは、正しい排便習慣です。もともと、便をガマンしすぎたことにより発症したものです。これを原点に戻していきます。水分や食物繊維をたっぷりとって、便をしやすくする配慮が大切です。また、便意を感じたときには、ガマンせず、すぐにトイレに行くようにしましょう。便意に逆らわず、排便をすることで、便も出やすくなります。これにより症状も改善されていきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv