便秘の治し方 > 便秘と水分

便秘と水分

便秘というと、まずは食べ物や便秘薬、運動などで改善しようと思う方が多いでしょう。確かに、食物繊維が多い食べ物をとったり、ひどい便秘には便秘薬を飲むという選択肢もあります。運動は、体内器官を活性化しますし、腸の蠕動運動を促進して、便秘を改善してくれる効果があります。でも、便秘には水分も大きく関わっているのです。

便と言うのは、水分が足りないと硬くなってしまいます。硬くなった便は、腸の中をスムーズに移動することが出来ないので、腸内に留まったままになってしまいます。すると、さらに硬くなって、便秘薬などを飲まないと排出出来なくなってしまうんですね。

そうならないためにも、水分をしっかり摂取することが大切です。体の約60%は水分と言われているぐらい、人間の体には水分は欠かせません。もちろん、水分は飲み物だけではなく、食べものからも摂取していますが、それだけでは不十分なんです。水分は、尿はもちろん、汗としても体内から出ていってしまいます。ですから、意識的に水分を摂らないと、体内の水分量は足りなくなってしまうのです。

基本的には、1日1.5Lから2Lのお水を飲むようにすると便秘解消に効果的です。よく、「便秘解消には朝コップ1杯のお水を飲むといい」と言います。これは腸を起こして活動を活性化するという目的もありますが、水分補給をして便を柔らかくするという目的もあるのです。とにかく、水分は便秘解消には欠かせないものなので、季節にあわせて不足しないように摂取しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv