便秘の治し方 > 腸内環境を改善する方法

腸内環境を改善する方法

腸内環境改善には、まずは善玉菌を増やすことが必須となりますが、善玉菌と言ってもその種類は膨大な数になります。すべての善玉菌を増やすことを考えていたらきりがないので、まずは代表的なビフィズス菌を増やすことから始めてみましょう。

ビフィズス菌は、ヨーグルトのコマーシャルなどでもよく聞く善玉菌のひとつです。ヨーグルトと言えば、便秘解消食品として有名ですが、ビフィズス菌には腸内細菌のバランスを整える効果があるのです。腸内細菌のバランスが整えば、腸内環境は改善されますし、それによって便秘も改善することが出来ます。

ただし、ビフィズス菌は加齢とともに減少していくので、腸内環境が悪化したりするのですね。また、腸内環境を悪化させる生活をしているということも、ビフィズス菌の減少に繋がります。ですから、ビフィズス菌を増やすと同時に、腸内環境を悪化させないということも大切なんです。

ビフィズス菌を増やす一番の近道は、特定保健用食品になっているヨーグルトを食べることです。普通のヨーグルトは、腸に届くまでに乳酸菌が死滅してしまうのですが、特保のヨーグルトは生きたまま腸まで届いてビフィズス菌を増やしてくれます。こういった食品を毎日摂取することで、腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境改善につなげることが出来ます。

そして、ビフィズス菌が減らないように、動物性脂肪を含む食品の摂りすぎに注意すること。野菜はたっぷり食べる、適度な運動をする、過度のアルコール摂取は控えるなど、生活習慣に気をつければ、スムーズな腸内環境改善が期待出来るでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv