便秘の治し方 > 植物性乳酸菌の効果

植物性乳酸菌の効果

乳酸菌を摂取しても、生きた状態で胃腸に到達しないと、意味がありません。実は、いくら乳酸菌を摂取しても、消化される段階で、胃液や胆汁にまみれることで、乳酸菌が死んでしまうことがあります。そこで、乳酸菌を摂取する場合には、胃液や胆汁にまみれても、死なない、耐性のある種類が配合されている商品を購入しましょう。

生きたまま胃腸に到達できる乳酸菌の種類の中に、植物性乳酸菌という種類があります。植物性乳酸菌には、酸やアルカリに対して、高い耐性があるといわれています。ですから、体内にいても、生きたままで腸内に到達できる乳酸菌といわれています。ほかにも、動物性乳酸菌があります。この動物性乳酸菌と比較すると、比較的過酷な環境の中にあっても、生き延びられる乳酸菌といわれています。

植物性乳酸菌は、腸内に到達すると、ビフィズス菌を増やす働きがあります。その結果、大腸菌などに代表される悪玉菌の腸内での増殖を抑える働きが期待できます。腸の機能が回復をして、便秘や下痢といった、腸に関する症状の緩和につながります。

実は日本人は、漬物などの発酵食品を使って、歴史上乳酸菌を摂取してきたという経緯があります。ですから、ヨーグルトに含まれているような動物性乳酸菌よりも、植物性乳酸菌のほうがなじみがあるといわれています。歴史的に長く取り込んできた乳酸菌である植物性乳酸菌のほうが、私たちは効率的に体内に摂取できるといわれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv