便秘の治し方 > 乳酸菌の種類と効果

乳酸菌の種類と効果

乳酸菌と聞いて、どのような効果があると思いますか?多くの人は、胃腸の調子を整えて、お通じをよくするとイメージするのではないでしょうか?最近では、花粉症などのアレルギーに効果があるということをイメージする人も多いでしょう。花粉症で苦しんでいる人も多く、春先になると、ヨーグルトがいいということで、よく紹介されています。

しかし乳酸菌には、いろいろな種類があります。現在確認されているだけでも、実に200種類の乳酸菌が確認されています。それぞれに同じ乳酸菌でも、異なる特質を持っています。ですから、期待される効果も、少しずつ異なってきます。

例えば、LGGという乳酸菌が配合されているヨーグルトを見たことがある人もいるでしょう。このLGGですが、腸内に生息しているビフィズス菌という乳酸菌を増やす効果が期待されています。乳酸菌を増やすことで、腸内環境を整え、便秘などの排便障害を解消する効果があります。最近では、アトピー性皮膚炎などにも一定の効果が期待できるということで、注目を集めています。

またKW乳酸菌という乳酸菌もあります。KW乳酸菌は、キリンが発見した乳酸菌といわれています。KW乳酸菌は、私たちの体質を改善してくれる乳酸菌といわれています。ですから、花粉症をはじめとしたアレルギーの症状を改善すると期待されています。アレルギーですから、花粉症に対しても、一定の効果が期待できるでしょう。自分の悩みの症状に効果を発揮する乳酸菌はどれか、ということで、商品選びをしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv