便秘の治し方 > 水溶性食物繊維

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維を言います。ペクチン酸、グアーガム、グルコマンナン、アルギニン酸などがあります。海藻に含まれているヌルヌルした成分には水溶性食物繊維が含まれています。 

水溶性食物繊維には独特の粘り気があります。胃から小腸に移動するまでに時間かかります。小腸に入ると、そのヌルヌルで栄養素を包み込み、吸収する作用を緩やかにしてくれます。特にブドウ糖の吸収を緩やかにします。このため、食後の血糖値上昇を抑えるため、糖尿病予防として摂取がすすめられています。乳酸菌などの善玉菌を増やす効果も確認されています。ですから、水溶性食物繊維は便秘解消に役立つのです。コレステロールの吸収を抑える働きもあります。ですから、肥満の防止や、生活習慣病の予防にも役立ちます。 

水溶性食物繊維はわかめ、納豆、そば、あんず、オートミールなどに多く含まれています。便秘解消のために、水溶性食物繊維を摂取するのなら、これらの食品を食事に組み入れるようにしましょう。 

痙攣性便秘の改善のために、食物繊維の摂取を考えるのなら、水溶性食物繊維がおすすめです。使用性食物繊維は、過剰な刺激となり、痙攣性便秘を悪化させてしまうおそれがあるためです。 便秘解消を考えるのなら、食物繊維と合わせて乳製品も摂取したいです。牛乳やヨーグルトは、腸を刺激し、便秘を解消させてくれます。牛乳をそのまま飲むと、下痢をしてしまう人は、乳製品を食べるようにしましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv