便秘の治し方 > 痙攣性便秘の治療

痙攣性便秘の治療

痙攣性便秘の治療では、朝の排便習慣を取り戻すことが大切です。痙攣性便秘の原因であるストレスや睡眠不足を解消することも必要です。便秘の治療でまず思いつくのは塩類や便秘薬の服用や浣腸です。しかしけいれん性便秘の場合、便秘薬を服用しても、あまり効果が見られないことが多いです。痙攣性便秘の原因は、メンタル的なところが大きいです。異常な緊張にさらされており、少しの物音にも反応してしまうなど、過敏な状態にあります。そのため、痙攣性便秘の治療では、便秘薬ではなく精神安定剤が処方されることもあります。 

痙攣性便秘の治療では、食物繊維の摂取が、逆に症状を悪化させてしまうことがあります。一般的に食物繊維と呼ばれるものは、不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は、痙攣性便秘でストレスにさらされている腸には、刺激が強すぎます。さらなる刺激となり、症状を悪化させてしまいかねません。食物繊維を摂取する場合は、刺激がマイルドな水溶性食物繊維を摂取するようにしましょう。わかめや昆布、ゴボウなどには、水溶性食物繊維が多く含まれています。食生活の中で、水溶性食物繊維を含む食べ物を食べるようにしましょう。 

なにより、ストレスをため込まない生活をするのが、治療において有効です。職場が原因でストレスが溜まっているときは、解消するのが難しいです。しかし家に帰ってきたら、アロマを焚いたりして、リラックスできる時間をつくるようにしましょう。そして早めにベッドに入ります。


このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv