便秘の治し方 > 乳酸菌で身体をきれいに

乳酸菌で身体をきれいに

人間の体にとって欠かせない細菌というのがありますが、その中のひとつが乳酸菌です。乳酸菌は、腸の中に存在している細菌で、腸の働きを活性化したり、腸内環境を整える役割を果たしています。乳酸菌が不足すると、腸内環境を正常に保つ善玉菌が減り、逆に悪玉菌の活動が活発になります。善玉菌には、整腸作用というものがあり、老廃物をしっかり排出したり、栄養を吸収することが出来ます。

しかし、悪玉菌が優勢になってしまうと、腸の中に有害物質が溜まったり、老廃物の排出が滞ってしまうので、身体の中が汚れてしまいます。身体の中が汚れてしまうということは、体内にいろんな悪影響を及ぼします。免疫力が低下して病気になりやすくなったり、アレルギー作用が起きやすくなったり、肌トラブルが現れたりします。

逆に、乳酸菌をしっかり摂取していれば、善玉菌が増えるので、身体の中がきれいになります。乳酸菌というのは、炭水化物などの栄養成分を発酵させて、乳酸菌を豊富に作り出します。乳酸菌は、腸内の有害物質の活動を抑制したり、悪玉菌が増えるのを抑える働きを持っています。

さらに、免疫力もアップさせて、病気になりにくい身体作りを促進してくれるのです。抵抗力がない乳幼児が、どうしてあまり病気にならないのかと言うと、乳酸菌がたくさん生息していて、病原菌から守ってくれているからです。つまり、乳酸菌というのは、それだけ身体を健康にし、きれいにしてくれるので、病原菌が住めない環境を作ってくれるということなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


_ۃTv